コミックヴァルキリー

MenuClose

>>鏡野町のカグヤ ~約束の祭姫~

満月の夜。取材で湖を訪れていた少年“武美”の前に、突然現れた少女“カグヤ”。
「祭」の始まりが告げられ「語部」と呼ばれる武美は、カグヤからいきなり恋の告白を受ける。
おとぎばなしのようでどこか不思議な恋物語のはじまり――。

最新話

題八難 前編

読む

更新:2017.01.23

バックナンバー

題七難 (後編)

読む

題七難 (前編)

読む

題二難 燈の火、祭り囃子

読む

題一難 月の姫、はじまりの夜

第3話~第6話の公開は終了しました

読む
この作品に対するご感想はこちらから

最新コミックス情報

鏡野町のカグヤ ~約束の祭姫~ 1

漫画:草凪とんぼ

おとぎばなしのおひめさま!?
彼女達との痛快恋愛喜劇!!

恋することを願う姫と、 願いごとを叶えるというふしぎな“祭”。 語部と呼ばれる少年「武美」の前に、 次から次へと現れるおとぎばなしのヒロイン達。 一難去ってまた一難…!?

アマゾンで購入
ブックウォーカーで購入
楽天で購入

コミックス一覧

ヴァルキリーコミックス

鏡野町のカグヤ ~約束の祭姫~ 1

キャラクター紹介

カグヤ

満月の夜、武美の前に突然現れた少女。武美にむかい「恋がしたい」と告白するが…。

翁武美

取材中、突如カグヤに出会い告白をうける。カグヤたちからは「語部」と呼ばれるが…。

ネマチ&フシマチ

カグヤの付き人ならぬ、付きウサギ。白がネマチ。黒がフシマチ。

燈火

武美の幼馴染。雪花と共に祭に参加することを決意。

雪花[雪女]

なぜか燈火に憑依して参加する。願い事は「子供がほしい」

織鶴夕

武美の先輩。同じ学校の生徒会役員を務める。

乙姫

祭の参加者の一人。玉手箱の在処を求めている。

???

???